【スロット】初代まどカスがまどマギ4について思うこと

りりぶの話

はじめまして、ゆらいむです。

今回は2021年8月2日導入予定のスロット「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語」について、初代まどカスの私が思うことを書いていきます。

ゆらいむ
ゆらいむ

まどマギ4は期待できる?

1.私のまどカス歴について

初代まどかは2013年12月16日から2019年10月17日まで全国で感動を呼びました。

私が初めてスロットをしたのもこの初代まどマギでした。

当時大学3年だった2014年頃から撤去まで、大学、バイト以外の時間はほとんど打っていました。

初代まどか以外の台を打つこともありましたが、ハマったといえる台はこの台だけです。

ゆらいむ
ゆらいむ

バイトの休憩時間1時間の間に打っていたこともありました・・・

2.初代まどマギは何が良かったのか?

1.通常時が面白い

初代まどマギは、チャンス目からのボーナス当たり確率は普通ですが、ゾーン、スイカからのマジカルチャレンジ、直撃ART、穢れシステム、ロングフリーズなど、とにかく通常時でもワクワクを感じることができました

まど2、まど3でもこれらのシステムは搭載されていますが、初代はその当たる確率と当たった時の期待度が体感的に全く違います

通常時が退屈ではないのが、初代まどマギが神がかっている最大の理由です。

ゆらいむ
ゆらいむ

まど2、まど3は通常時に心が苦しくなります。

2.収支が安定する

きっちり収支をつけていたわけではありませんが、こんなに楽しませてもらって、体感で収支はマイナスではありません。

高設定でなければ、5000枚、10000枚は出づらいですが、低設定でも1000枚、2000枚であれば出るので、退くタイミングを間違えなければ、収支を安定させることが出来ます。

3.「狙ってほしいんだ」

初代まどマギで一番心が躍るのがARTに入った時。中でもビッグボーナス中のチャンス告知のキュウベエの赤カットイン「狙ってほしいんだ!!」

これが私はとても大好きです。

もちろんフリーズなども嬉しいですが、現実的な確率として、やっぱりほむら揃いを中押し一確で決めるのが最高でした。

4.ARTの期待値

初代まどマギのARTは駆け抜け終了することが体感的に少なく、ARTに入るだけで「なんとかできる!!」という期待が湧きます。

そのため、通常時、ボーナス中、ART中全てにおいて退屈する時間がありません。

3.まどマギ4の注目ポイント【個人的】

ゆらいむ
ゆらいむ

これらをふまえてまどマギ4はどうでしょうか?

1.ボーナス非経由でAT当選

まどマギ4では通常時から当たるとATに突入します。

ATには入りやすそうですが、その分AT突入時の期待度は低めに設定されているのではないかと推測します。

ATがまど3のように駆け抜けばかりではなく、ある程度やれるようであれば、ハマってしまいそうです。

ゆらいむ
ゆらいむ

一応設定1で、AT期待獲得枚数は326枚もあるそうです。

2.【CZ】マギカチャンス

初代まどマギでは「マジカルチャレンジ」にあたるものです。

このマギカチャンスでは、ほむら揃いカットインがあるみたいです。カットインが好きなのでここの演出と体感的な期待度には注目したいです。

3.ソウルジェムシステム

まどマギ4での新しいシステム。

どれくらい期待できるものなのかは分かりませんが、今のところ個人的には期待薄です。

4.まとめ

初代まどマギが撤去されてから、スロットを打つことはかなり減りました。

ですが、初代まどカスとしては、「初代のシステムを継承!」とされるこの新台は、やはり自分の手で打ってみたいと思います。

余談ですが、最近出た新台「ノーゲーム・ノーライフ」がなかなか良いので、ひとまずはこちらを打ちたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました