罪悪感とは?~罪悪感を感じる原因と向き合い方~

心の種類

はじめまして、ゆらいむです。

今回は「罪悪感」について解説します。

ゆらいむ
ゆらいむ

なぜ人は罪悪感を感じてしまうのでしょうか?

1.罪悪感とは?

ゆらいむ
ゆらいむ

まずは簡単に書くよ!

罪悪感とは、罪を犯してしまった、悪いことをしてしまったと思う感情のことです。

心理学的には、罪悪感は「自分を責める感情」のことを指します。

罪悪感に捉われ続けると、心が疲れてしまいます。

2.罪悪感の原因と具体例

ゆらいむ
ゆらいむ

具体例を挙げて詳しく解説するよ!

・自分の不注意で、誰かにけがを負わせてしまった。
・先輩の引退試合で、自分がミスをしてしまって試合に負けた。
・学校をさぼってしまった。仕事をさぼってしまった。

このようなことをしてしまった場合、人は「申し訳ないことをした。悪いことをした。」という自責の念に駆られます。

そしてその感情を抱くとき、強弱はありますが人は苦しみを感じることになります。

3.罪悪感を感じやすい人

ゆらいむ
ゆらいむ

罪悪感は誰でも感じることがある感情ですが、

感じやすい人とそうでない人がいます。

1.責任感が強い人

責任感が強い人は、物事を自分のせいにしてしまう傾向があります。

例えば、

・風邪を引いても、学校や仕事を休めない → 休むことに罪悪感を感じる
・試合で自分のチームが負けてしまった → 自分のプレーが良くなかったと罪悪感を感じる

責任感が強いのは良いこととされがちですが、その反面、自分は苦しむことが多いです。

2.自尊心が低い人

自尊心が低い人は、自分に対して不安や罪悪感を感じやすい傾向があります。

・自分は何もできていない
・自分のせいではないだろうか

自身がないゆえに、なんでも自分のせいにしてしまいため、「自分が悪いのではないか?」という不安や罪悪感に駆られやすいです。

4.罪悪感との向き合い方

ゆらいむ
ゆらいむ

罪悪感を感じればどうすればいいの?

罪悪感は自分を成長させるものに他なりません。

ただ、あまりにも捉われすぎるのは、うつや自殺を誘発させるため、有意義なものではありません。

苦しくてどうにもならない時は、自分のせいにしすぎていないか、見つめ直してください。

うつや自殺に追い込まれるまえに、

・抱えていることを投げ出す(そんなのしーらない)
・人のせいにする(すべての物事は、ただ一人に原因があることはありえません)
・少し休憩してサボる。(絶対に)

これらを実践してください。

それでも苦しい場合は、開き直って壮大なものをイメージしてみましょう。

自分なんて、地球の中のほんの少しの米粒みたいなものだ、というやつです。

後は時間が解決してくれます。

人や社会に批判されたとしても、一番大切なのは絶対的に自分です。

罪悪感に苦しんだ経験が、いつか花開きますように。

タイトルとURLをコピーしました