過去に捉われない~後悔や栄光との向き合い方~

心の種類

はじめまして。りりぶです。

今回は「過去との向き合い方」について解説します。

りりぶ
りりぶ

過去に囚われると苦しいよ!

1.良い過去と悪い過去

過去は「楽しかった、面白かった、幸せだった」といったようなポジティブな過去と

「つまらなかった、苦しかった、」といったネガティブな過去に大別することができます。

ポジティブな過去は良いものと捉えられがちですが、現在の自分の状態によっては

ポジティブな過去もネガティブな過去も自分を苦しめる材料となりえます。

今回はこの二つの視点から、発生する感情とその向き合い方について解説します。

2.ポジティブな過去と向き合い方

りりぶ
りりぶ

どんな過去の栄光も、今を満たしてくれない・・

「あの時の学校生活は楽しかったなぁ」

「部活での自分の活躍はすごかったなぁ」

過去の楽しかった思い出や、自分が活躍した思い出は、現在から未来にかけて思い出として残ります。

心理学的に、良い思い出は悪い思い出よりも心に残りやすいとされています。

しかし、どんな過去の栄光や青春も、現在の自分を満たしてくれるものはありません。

ふと懐かしく思いかえすとなんだか寂しくなったり、むなしくなったり、無気力になってしまったりして、現在の自分を苦しめることがあります。

過去に囚われて苦しいときは、現在の自分を見つめなおし、現在の自分を満たして楽しむように行動することが大切です。

新しいことに取り組んだり、あの時楽しかったことをもう一度してみるのも良いかもしれません。

りりぶ
りりぶ

過去の思い出は、現在を楽しむヒントになるよ!あの時楽しかったことがあるなら、「今」それをもう一回やってみよう!

3.ネガティブな過去との向き合い方

「あの時自分がミスをしていなければ」

ネガティブな過去の1つに後悔があります。

後悔は、自分の次の行動をよりよくさせるものです。決して悪いものではありません。

しかし、あまりにその後悔に囚われ続け、自分を責め続けるのは良くありません。

また、簡単な後悔であれば自分の考え方次第で何とかできることも多いですが、

「大事な人を失ってしまった悲しみ」や「好きな人に振られてしまった失恋」、「取り返しのつかないことをしてしまった自責の念」などはそう簡単に解決できることではありません。

ネガティブな感情の解決には、その大きさに比例しただけの「時間」が必要になります。

悪い思い出というものは、人間は少しづつ忘れるようにできています。

短時間でどうにかしようとせず、苦しいと思いますが長い目で付き合っていく必要があります。

りりぶ
りりぶ

本気であるほど、立ち直るには時間が必要です。焦らずにゆっくり付き合っていきましょう。

4.まとめ

過去に執着するのではなく、「今」を日々生きていくことが大切です。

過去は今を充実させるためのヒント、材料として扱いましょう。

タイトルとURLをコピーしました