憂鬱の原因とは?~憂鬱な気分との向き合い方~

心の種類

はじめまして。ゆらいむです。

今回は「憂鬱」との向き合い方について解説します。

ゆらいむ
ゆらいむ

憂鬱との向き合い方について解説するよ!

1.憂鬱とは?

ゆらいむ
ゆらいむ

まずは憂鬱について簡単に解説するよ。

憂鬱とはネガティブな感情の1つで、気分が晴れない、なんとなく暗い気持ち、未来に気乗りしない、といった人間の心理状態のことをいいます。

「学校嫌だなぁ、行きたくないなぁ。」

「仕事したくないなぁ。」

「なんだかもう人生疲れたなぁ。」

このように、生きていると「未来に対して気分が乗らない」と感じることが多々あると思います。そんな時皆さんはどうしていますか?

2.憂鬱との向き合い方

1.心の状態をまずは正常に戻す

気分が落ち込んで苦しい状態というのは、心がネガティブな感情に支配されている状態です。この状態では脳が正常に働いておらず、頭で解決しようとしても上手くいかないことが多いです。

まずは心をネガティブな状態から解放してあげる必要があります。

よくストレス発散といって、好きなものを好きなだけ食べたり、お酒をたくさん飲んだりすることもあると思います。また、カラオケで大声を出したり、スポーツをして汗を流したりすることもあると思います。他にも、友達に話を聞いてもらったりするなどなど・・・

これらは軽度な憂鬱状態や、嫌なことがあって気分が落ち込んでいる状態にはとても効果的です。こうして心を解放してあげることで、自分の心は思いのほか元気になります。

2.時間をおいてみる

もう一つ、心をネガティブな状態から解放するものとして「時間をおいてみる」ということがあります。

人間は時間の経過とともに、苦しいことは忘れていくようにできています。時間が経つうちに、自分の心が正常に戻り、考え方も変わるようになります。

3.原因を追究する

上記のように、ストレス発散をしたり、時間をおいてみたりすることで、ある程度の気分が落ち込んだ状態は解決できると思います。

それでも心が晴れない場合は、本格的に「憂鬱」な状態にあると言えます。このような場合には、原因をとことん追求することが必要になります。

ここで大切なのは、原因は解決できなくてもいいということ。憂鬱の原因を、あなた自身が「はっきりと知る」ことで、思いのほか心がスッキリします。

例えば私の場合、

「仕事が嫌で憂鬱だなぁ」
 ↓なぜ
「時間に追われるのがしんどい」「人と話すのがしんどい」「ミスするのが怖い」「人に頼みごとをするのが苦手」
 ↓なぜ、共通点は?
「他者に嫌悪感を向けられることへの恐れ」

あっ、自分は他者に嫌悪感を向けられることをなにより恐れているんだ。

このように憂鬱の根本的な原因を一つに絞ることが出来れば、思いのほかスッキリします。

憂鬱の根本的な原因というのはこの例のように、自分の性格や人間性によるものが多いです。自分の性格や人間性というのはそうそう変えることは難しいですから、原因の解決はほぼ不可能です。

ですが、原因を知ることで自分がこれからどうしていくべきか考えることもできますし、自分自身を知ることができます。

それは、自分らしい幸せを手に入れるための新たな原動力となります。

3.まとめ

憂鬱には必ず原因が存在します。

憂鬱に限らず、ネガティブな感情というものは自分の心のサインです。

その原因と、自分自身のサインをあなた自身がはっきりと感じ、知ることが、解決の第一歩となります。

解決は難しくても、自分が何に不快を抱いているのか、自分自身を知ることで思っているよりスッキリすることがあります。

タイトルとURLをコピーしました