HSPには思考のくせがある!~マイナス思考の原因と具体例~

HSP

はじめまして。りりぶです。

今回は「HSPの思考のくせ」について解説します。

りりぶ
りりぶ

HSPの人は、思考のくせに縛られやすいよ!

1.HSPとは?

りりぶ
りりぶ

HSPについて簡単に解説しておくよ!

HSPとは、他者の心を敏感に感じてしまう、生まれ持った気質、性格のことです。

他者に過剰に気を使ってしまうため疲れやすく、生きづらさを抱えながら生きている人がとても多いです。

HSPについて詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。

2.HSPが陥りやすい思考のくせ

りりぶ
りりぶ

思考のくせを知って、物事を客観的に捉えよう!

HSPの人は自己肯定感の低さから、マイナスな思考に捉われてしまいがちです。

思考のくせを知って、自分の考えを見つめなおしてみましょう。

➀自己関連付け

…実際には自分に何も非がなくても、「自分に何か原因があるのではないか」と物事を考えてしまうこと。

[具体例]
 ・不機嫌な人を見ると、自分のせいではないかと思い、おどおどしてしまう。

②根拠のない決めつけ

…根拠が少ない状態で、思い付きのまま決めつけること。

[具体例]
 ・たった一度だけ気に障ることを言われた相手のことを、「あいつはダメな奴だ」と決めつける。

③感情の理由づけ

…その時の感情だけを根拠に、物事を決めつけること。

[具体例]
 ・
大したミスではないのに、自責の感情に支配され、「もう取り返しがつかない!」と悲嘆する。

④論理の飛躍

…相手の心や物事を深読みしすぎて、マイナスに結論を持っていくこと。

[具体例]
 ・
相手が笑っているのを見ただけで、「自分が馬鹿にされている」と感じる。

⑤部分的焦点づけ

…自分の悪い部分にだけ目がいってしまうこと。(確証バイアスという人間の特性が影響しています。)

[具体例]
 ・自分だけではないのに自分ばっかり損をしているように感じる。

⑥自己実現してしまうマイナスの予言

…自分でマイナスな予測を立てることで、結果として予測通りに失敗してしまうこと。(予言の自己成就という人間の特性が影響しています。)

[具体例]
「どうせうまくいかない」と思いながらやると、その通りに失敗する。

⑦白黒思考

…物事をすべて「0か100か」「YESかNOか」など、極端に考えてしまうこと。

[具体例]
少しの人に嫌われただけで、「私は誰にでも嫌われる」と思い込む。

⓼べき思考

…自分の思いよりも、「こうであるべき」という思考に捉われてしまうこと。(べき思考による生きづらさについては、こちらで詳しく解説しています。)

[具体例]
親に言われた「正社員になるべき」という思考に捉われ生きづらさを感じる。

3.まとめ

自分を責めてしまったり、生きづらさを感じた時は、自分の考えがこれらの思考に捉われていないか考えてみて下さい。

これらの思考は、間違った結論を出していることがほとんどです。

物事の本質に気づき、自分らしい生き方を一緒に探しましょう!

タイトルとURLをコピーしました